海外旅行に行くときに気をつけること

日本は比較的治安が良い国ですが、日本にいるときと同じ感覚で海外へ行くと思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。特にスリには注意しましょう。なかには集団で巧妙にスリをはたらくものもいるため、貴重品はカバンの奥などにしまっておいたほうが安全です。また置き引きにも気をつける必要があります。自分の持ち物からちょっと目を離したすきに盗られてしまうこともあるので、自分の持ち物は体から常に離さないようにしましょう。 トラブルに巻き込まれないために、事前に自分が向かう地域について調べておくことも重要です。外務省のホームページでは、その国のどの地域が危険かや、どんな犯罪が多発しているかなどが載っているので、前もってチェックしておきましょう。

海外旅行に持っていくと便利なもの

クレジットカードは海外旅行では非常に便利でしょう。多額の現金を持ち歩く必要もなくなり、安全性も高いです。さらに、何かあった場合の保険代わりにもなります。またスマホは必需品という方も多いかもしれませんが、海外では日本ほど簡単に充電できないこともあるため、充電するためのモバイルバッテリーをもっていくと役立ってくれます。そして常備薬は海外旅行をするうえでの必需品です。慣れない海外で体調を崩してしまうこともあるかもしれません。そのため、風邪薬や頭痛薬、胃薬、酔い止めなどを持っていくと安心です。それからウェットティッシュも海外旅行では活躍してくれます。汗をかいたときに使うのはもちろん、場所によっては衛生的でないトイレもあるため、そんなときにも便利でしょう。